高い採択率を誇る補助金申請支援

高い採択率を誇る
補助金申請支援

会社のことを最も理解している顧問税理士が、事業計画書の作成が必要な補助金の申請支援を行い、採択されれば、確実に顧問料以上のメリットを実感できると思います。
私たちは組織再編や相続・事業承継対策といった高度な税務サービスを提供しながら、高い採択率を誇る補助金申請支援までできる数少ない税理士事務所です。

problem

このようなお悩みは
ありませんか?

  • 当社が使える補助金の情報や活用法のアドバイスがほしい
  • 顧問税理士は補助金のことをよく分かっていない
  • コンサルに依頼したら、私の思いとは異なる事業計画書となり、不採択になった
  • 採択率の高い担当者と一緒に、新事業のための事業計画書を作成したい
  • 採択後の手続きが難しいので、アドバイスがほしい

solution

わたしたちが解決します!

  1. 01

    01

    補助金の支援実績
    地域トップクラス

  2. 02

    02

    補助金
    採択率100%継続中
    獲得補助金3.6億円以上

  3. 03

    03

    審査員経験者による
    事前プレ審査

  4. 04

    04

    採択後の交付申請・
    実績報告のアドバイス

  5. 05

    05

    補助金で取得した設備への
    優遇税制の活用

補助金申請支援
ラインナップ

  • 事業再構築補助金
  • ものづくり補助金
  • IT導入補助金
  • 小規模事業者持続化補助金
  • 事業承継・引継ぎ補助金

サービス内容

service 01

確実な採択に向けた丁寧なコンサルティング

「当社はこの補助金を受給したいのですが、どのようにすれば採択されますか?」というご相談を多く頂きます。
私たちは確実な採択のために受注する件数を限定し、1件1件丁寧に時間をかけて、要件を満たすようコンサルティングを行います。お客様の事業にかける思いと事業プランを共有し、信頼関係を構築しながら、納得のいく事業計画書の作成をお手伝いいたします。

確実な採択に向けた丁寧なコンサルティング

service 02

補助金審査員経験者による事前プレ審査

補助金の審査は、ビジネスプランコンテストです。審査項目に応じた点数の競い合いになることから、テクニカルな要素も把握しておく必要があります。
私たちは本申請前に「補助金審査員経験者による事前プレ審査」を実施しています。そこでの指摘内容について、事業計画書のブラッシュアップを行い、万全の体制で採択ラインを超える事業計画書を作成し、本申請に臨みます。

元補助金審査員経験者による事前プレ審査

お申し込みから
補助金申請までの流れ

  1. 01

    01

    初回ご相談

    事業計画をヒアリングさせて頂いた上で、補助金の内容のご説明、要件への適合などのご相談に対応いたします。

  2. 02

    02

    ご契約

    サービス内容、料金体系に納得いただけましたら、着手金入金後に、申請支援業務に着手いたします。

  3. 03

    03

    事業計画書の作成

    通常2回の対面での面談により、お客様と共に、事業計画書の作成を進めていきます。

  4. 04

    04

    事前プレ審査

    本申請の2週間前に、補助金審査員経験者による事前プレ審査にかけて、事業計画書のブラッシュアップを行います。

  5. 05

    05

    本申請

    GビズIDを取得して、事業計画書の電子申請を行います。

service 03

採択後の手続きサポート

補助金は採択されたら終わりではありません。採択後も交付申請や実績報告といった煩雑な手続きを要求されます。
また、補助金によっては、補助事業完了後5年間、事業化状況報告が求められ、補助事業で利益が出すぎていると補助金を一部返還するという「収益納付」も存在します。採択後も慎重な対応が必要です。

採択後の手続きサポート

service 04

補助金と設備投資減税をセットで活用

補助金と設備投資減税はセットです。補助金を受給した後、税額控除による設備投資減税を活用できることが多く、更なるメリットを享受できます。
「補助金と設備投資減税をセットで対応する」これは税理士にしかできないサービスであり、私たちの補助金サービスの最大の強みでもあります。
そのため、採択後に税理士の顧問契約をご依頼して頂けるケースも多くあります。

補助金と設備投資減税をセットで活用

採択後のサポートの流れ

  1. 01

    01

    採択

    インターネットで採択結果が公表されます。採択日には祝福のお電話をいたします。

  2. 02

    02

    交付申請・交付決定

    採択後に、見積書等の必要書類を準備して、交付申請を行い、交付決定を受けます。

  3. 03

    03

    実績報告

    設備投資や広告宣伝が完了した後、具体的な取組み内容や支払金額等の実績報告を行います。

  4. 04

    04

    補助金受給

    採択されてもすぐに補助金は入金されません。実績報告後に補助金の受給ができます。

  5. 05

    05

    事業化状況報告

    補助事業での獲得利益や付加価値額の増加状況について報告を行います。

ご提案事例

補助金を活用して、少ない自己資金で設備投資

補助金申請支援

補助金を活用して、少ない自己資金で設備投資

A社

業種:製造業

  • ご相談状況

    最新設備(4,500万円)を導入して、競合他社と差別化を図りたいが、資金がない

  • ご提案と解決

    税理士顧問先のお客様からのご相談でした。補助金を提案して、事業計画書の作成サポートを行い、見事3,000万円が採択されました。自己資金での負担は1,500万円のみで設備投資を行い、新製品製造をスタートすることできました。

補助金を活用して、ローリスクで新事業を開始

補助金申請支援

補助金を活用して、ローリスクで新事業を開始

B社

業種:小売業

  • ご相談状況

    店内飲食のカフェを経営しているが、テイクアウト専門のお店もオープンしたい

  • ご提案と解決

    社長の思いと事業計画を共有し、時間をかけて丁寧に事業計画書を作成し、採択されました。店舗内装設備、LP、動画制作、チラシについて、補助金を活用し、少ないリスクで新事業を開始することができました。

リベンジ案件で補助金を獲得

補助金申請支援

リベンジ案件で補助金を獲得

C社

業種:卸売業

  • ご相談状況

    自分で事業計画書を作成したが、不採択になってしまったので、専門家の支援を受けて、もう一度チャレンジしたい

  • ご提案と解決

    補助金は事業計画の内容が良いだけでは、なかなか採択されません。審査項目を踏まえ、点数が取れるポイントについて、重点的にアピールする事業計画書となるよう大幅なブラッシュアップを行い、再申請で見事採択されました。